僕たちがやりました2巻ネタバレ【8話:金じゃどーにもならんやつや】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ2巻「8話金じゃどーにもならんやつや」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

マンガ僕たちがやりましたを無料で読む

マンガ僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたネタバレ2巻のネタバレ8~17話まで

僕たちがやりました2巻ネタバレ・あらすじ【8話:金じゃどーにもならんやつや】

衝撃の1巻の最後として
爆弾が爆発してそれにガスが引火して
人が燃えていました。

この様子をパイセン・トビオ・マル・イサミらは
屋上から見ていました。

パイセンもこれはだめだ
金ではどうにもならんやつだと、
マルはやばいやばいよぉと
怯えています。

イサミも何でこんなことになったんだ?

パイセンはこれを引き起こしたのは
自分たちではないと言って
これはテロだテロリストだと
なぜか現実逃避していいきます。

その時トビオは
これはパイセンが仕掛けた爆弾が
ガスに引火したのだと思いました。

トビオたちの学校にも
緊急放送が流れて
全校生徒は校庭に
避難することになります。

この様な状況なのでさすがに
学校内はパニックになっていて
矢波高が燃えていると言って
みんな慌てています。

先生も止まらないで
早く逃げるように
これは遊びではないと言います。

そこにパイセンもやってきて
みんなと同じように逃げますが
パイセンは先生になぜか
殴られてしまいます。

矢波高には消防車などもやってきて
大騒ぎです。

そのとき外の公園で
今日はどうするのか
パイセンたちは相談しています。

でも今日はさすがに遊びに行くのは
いいのではと言います。

マルは自分たちが犯人だとばれたら
犯罪者になって人生終わると考えていました。

パイセンは日本の警察官は
優秀なので誤認逮捕はないと言うし、
万が一の時には優秀な弁護士を
つけると言います。

その後トビオは約束していた蓮子と
カラオケに行きます。

トビオはカラオケに行きますが
あの事件が気になって
歌うことができません。

蓮子もなんでトビオに
歌わないのかと言います。

蓮子が携帯電話を見ていて
矢波高はトビオの学校の隣だよねと言います。

昼間に起こった
爆発事件のことを話してきます。

この時蓮子をバイクで送った男
市橋を覚えているかと
言ってきました。

その市橋はなんと
今日の爆発事件で死んだということを
衝撃告白されます。

マンガ僕たちがやりましたを無料で読む

マンガ僕たちがやりましたを無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です