僕たちがやりました1巻ネタバレ【7話:時は来たり!】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ1巻「7話時は来たり!」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

僕たちがやりましたネタバレ1巻のネタバレ1~7話まで

僕たちがやりました1巻ネタバレ・あらすじ【7話:時は来たり!】

春はあけぼのと言いながら
メンバーは学校で授業を受けていました。

その頃トビオはスマホで
蓮子にドンキ前に集合とLINEしています。

しかし先生に見つかってしまい
「授業中の携帯はだめ」
と怒られます。

やがてチャイムが鳴って授業が終わり
昼休みになります。

昼飯を食べるために屋上へと向かう
トビオでしたが
すでにマルやイサミがいました。

遅いと言ってくるマルに
イサミは
「時は来たりと」言って
喜んでいます。

すると屋上でそんなことはよそでやれと言って
ギターをもっている2人の生徒がいて
マルたちは屋上を追い出されます。

それからスーツを着たパイセンに会います。

パイセンは晴れの舞台にふさわしい服装をと言って
イタリアの70万円もする
服装をしていました。

時を同じくして
矢波高でも生徒はみんな
お昼休みでご飯を食べていました。

時は来たりとパイセンが言って
起爆スイッチを出しました。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

じゃあ早速やろうと
昨夜矢波高に忍び込んで仕掛けた
爆弾を爆発させることになります。

パイセンがマルに
お前が一番悔しいだろうからと言って
マルが最初のに爆発させるように言います。

その指先にうらみをこめて
爆弾スイッチを押すようにと言います。

スイッチを押すと
道路一つ挟んだだけなので
ボケ校から矢波高で
爆発した風景が見えました。

爆発が起きると
矢波高の生徒たちは
殴り込みかと言って
ぞろぞろと出てきました。

俺にももやせろと言って
イサミとトビオも同時に
起爆スイッチを押します。

矢波高の連中は
次々に爆発が起こるので
どこからか狙撃されているのではと
思っているようです。

残りは俺が全部爆発させると言って
パイセンが連射で爆発させていきます。

矢波高の生徒たちは
これは狙撃だと思って
逃げ回っています。

パイセン達はノリノリで
爆発を楽しんでいます。

矢波高の連中がごみみたいに
逃げ回っていると笑っていいます。

するとその時に
今までにない大爆発が起きます。

これまでの爆発とは違って
大爆発でなんと人も焼けています。

マルにとって
自分の人生はそこそこでよかったのに
こんなことになるなんて・・・
⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です