僕たちがやりました1巻ネタバレ【6話:バレへんように仕掛けろよ】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ1巻「6話バレへんように仕掛けろよ」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

僕たちがやりましたネタバレ1巻のネタバレ1~7話まで

僕たちがやりました1巻ネタバレ・あらすじ【6話:バレへんように仕掛けろよ】

夜も更けた矢波高校に
馬、鹿、鳩などの
被り物をかぶった男たちが
集まっています。

騒ぎまくっているのは
いつものパイセン、マル、トビオ、イサミの4人です。

彼らは矢波高校に爆弾を
仕掛けるために忍び込んでいます。

ここからはガチでいけよと気合を入れて
夜の学校に不法侵入していきます。

みんな爆弾をもっているのか
最後の作戦準備の打ち合わせします。

若干緊張しながらもみんなは
銅像や窓に爆弾を仕掛けていきます。

トリ小屋にも爆弾を仕掛けようとするが
トリ小屋は動物が死んだらかわいそうだといい
爆弾を仕掛けることをやめるような
優しさがあったりもしています。

1階に爆弾を仕掛けてから
さらに2階にも爆弾を仕掛けていきます。

パイセンは順調に爆弾を仕掛けていきます。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

トビオが被り物覆面を外してから
パイセンの所に駆け寄って行こうとした時に、
用務員のおじさんが来て
お前らは矢波高の生徒かと
近寄ってきました。

パイセンが大きな声で
ダイソンと言って
用務員のおじさんが
懐中電灯を落とした時に
二組に分かれます。

イサミとマルが用務員を
引き連れて逃げていき
パイセンとトビオが
爆弾を仕掛けていきました。

適当でいいからと言って
パイセンがプロパンガスの近くに
C4爆弾を取り付けました。

トビオはそれを見ていましたが、
そこにマルやイサミが来て
用務員がこっちに来ると言うので
そのままにして逃げることにします。

逃げ出すことに成功した4人は
カラオケで打ち上げをして
ジュースで乾杯しています。

結局全ての爆弾をセットしたので
後は起爆スイッチを押すだけとなりました。

その頃トビオは蓮子からLINEがきて
明日のカラオケをどうするのか
連絡を取り合っていました。

その頃パイセンは
greeeeenの軌跡を歌っていました。

でも次の日がこの僕たちがやりました
最大の事件の日になるのです。
⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です