僕たちがやりました1巻ネタバレ【4話:笑って済ますトコでしょ】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ1巻「4話笑って済ますトコでしょ」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

僕たちがやりましたネタバレ1巻のネタバレ1~7話まで

僕たちがやりました1巻ネタバレ・あらすじ【4話:笑って済ますトコでしょ】

トビオ、イサミ、パイセンの3人が
カラオケで盛り上がっています。

郷ひろみのエキゾチックジャパンで
盛り上がりを見せていました。

トビオとイサミが次々に歌い
パイセンはタンバリン芸を披露しています。

熱唱中に店員が飲み物を持ってきたので
イサミとトビオは歌うのをやめましたが
パイセンはそれでも一人で歌い続けています。

イサミとトビオは疲れてしまいますが
パイセンは女性店員に
タンバリン芸を見せつけたかったようです。

トビオはトイレに行くと、
そのときにパイセンがリクエストした曲が
鳴り響きます。

パイセンはロード「THE虎舞竜」を
リクエストしていました。

だがイサミも俺もトイレと言って
結局パイセンはトイレで
独りぼっちで歌い続けることになります。

トイレでイサミとトビオが一緒にいるが
イサミはパイセンがひとカラ中だからと言います。

そういえばマルから連絡あったのかと聞くが
連絡はないし帰ったんじゃないのかと
イサミは言います。

でももしすると矢波高の奴らに
ボコられているのかなとイサミは冗談で言いました。

トビオもうけているが
俺らはヤラレル側だから
ここは笑って済ますトコでしょと冷静です。

その後パイセンが待つ部屋に戻るが
パイセンは一人で泣きながら
ロードを歌っていました。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

イサミとトビオもさすがに
パイセンがかわいそうだと思って
一緒に歌います。

「なんでもないようなことが幸せだったとおもう、なんでもない夜のこと二度とは戻れないよーるー」

このロードの歌詞が後に引き起こされる
重要な事件になります。

3人は歌いまくっています。

トビオはパイセンに
なんで泣いていたのかと聞きました。

パイセンは1人ぼっちで歌っていたら泣けてきたと言います。

イサミは腹減ったので
肉を食べに行こうといいます。

パイセンはA5ランクの肉を
食べに行こうと言います。

車で行こうとすると パイセンのベンツの車のボンネットに
信州りんごの段ボールが置かれていました。

パイセンはお前らのサプライズかと言いますが
イサミとトビオはどちらも知らない様子です。

パイセンが箱を開けると
そこにはボコボコにされたマルが入っていました。

イサミとトビオは心配します。

そこに矢波高の生徒が
お届け物ですと笑いながら
バイクで去っていきます。

パイセンもお届け物が壊れていると言い
警察を呼ぼうとするが・・・

トビオがいいよそんなもの、
矢波高の奴らを俺らで倒そうと提案します。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です