僕たちがやりました1巻ネタバレ【3話:ぶっ飛ばしたら勝ちだ】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ1巻「3話ぶっ飛ばしたら勝ちだ」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

僕たちがやりましたネタバレ1巻のネタバレ1~7話まで

僕たちがやりました1巻ネタバレ・あらすじ【3話:ぶっ飛ばしたら勝ちだ】

倉庫のような場所で
うんこと呼ばれている少年と
キノコがタイマンをさせられています。

真剣にやれと矢波高校の連中は煽ります。

ですがこれはのちに起こる
大きな事件の序章に過ぎません。

そこに市橋や矢波高のメンバーも
10人くらいいるます。

キノコお前は俺たち矢波高に死ねといった罪で
うんこは俺たちにガン飛ばした罪と言っています。

タイマンで勝った方は
許してやると言われました。

ですが3分以内に決着をつけないと
どっちもただではおかないという市橋でした。

市橋にこのように言われて
本気で殴り合う2人でした。

矢波高のギャラリーは
やれやれとあおっています。

取っ組み合う2人、
そのときうんこがマルに
「あいつら油断しているから出口から逃げましょう」
と言います。

マルの後ろには誰もいない
ぽっかりと空いた出口がありました。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

うんこが後ろを振り向いたマルに対して
チョークスリーパーをくらわします。

しかしキノコはこのスリーパーを抜け出すと
逆にマウントを取ります。

それで馬乗りパンチをして
絞め技でうんこがタップします。

勝ちましたとガッツポーズをとるマルでしたが、
市橋はまだまだやれと言います。

無情にもタイプアップになります。

すると市橋はいいぞと言って
マルに帰れと言います。

市橋はうんこは気を失っているだけだから
大丈夫といい
マルは安心して帰ろうとします。

その時初めて見たときから
ぶっ飛ばしたかったといい
ゾウの被り物をかぶった
矢波高の黒豆男爵のチョコボール松崎が
マルとの対戦を要求してきます。

すると市橋はこいつに勝ったら
帰っていいと言います。

だがチョコボール松崎の跳び膝蹴りが
マルの顔面に炸裂します。

⇒ マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

マンガ僕たちがやりましたを無料で立ち読みする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です