僕たちがやりました4巻ネタバレ【37話:調いました】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ4巻「37話調いました」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたネタバレ4巻のネタバレ28~37話まで

僕たちがやりました4巻ネタバレ・あらすじ【37話:調いました】

蓮子はスタンガスを押し付けられて
気を失ってしまいました。

気を失ってピクピクしています。

市橋はふざけるなと言います。

ナイフをつきたてて脅しながら
向かってきます。

どこでやるのかと言って
公園のトイレに連れ込みます。

あーこれは全然起きないと言いながら
蓮子の胸を触る矢波高の生徒たち。

頼むからやめろ
これ以上もう変なことはするなと
市橋は言います。

その時に蓮子が気がついて
放せとい言いながら
逃げようとします。

ははもっかいバチっとけと言って
もう一度スタンガンを
食らわせようとします。

市橋は今の俺に蓮子を
助けることが出来るのか?
そのように考えます。

ナイフで脅されていた市橋でしたが
有原のナイフを取って
自分を刺します。

お前は何やっているのかと言い
市橋は自分を刺したことで
注意をひきつけて
蓮子を助けようとします。

俺はもう終わった人間なんだよと
言っていると
市橋を刺している所を
公園にいる人に見られて
通報されてしまいます。

すぐに救急車が来て
市橋はなんとか命を取り留めます。

バカ死ぬところだったのよと
蓮子は市橋に言います。。

おはぎがあるのを見た市橋は
ばあちゃんが来ていたのかと言います。

うんという蓮子に
俺は両親の顔も知らない。

死んでもばあちゃんぐらいしか
悲しまないからと言います。

その時蓮子は
私が悲しむと言います。

でもまあ無事でよかった、
俺はなかなか死なないと
言う市橋でした。

生きているということは
まだなにか生きていないと
いけない理由があるんじゃないのと
言う蓮子でした。

やりたいことはないのかと
市橋に聞く蓮子でしたが
市橋はねぇよそんなもんと言います。

蓮子はあるよきっとと言います。

すると市橋はあったわ一つ
お前のことが好きだと
蓮子に告白したます。

その時ボケ校の職員室に
ある男が訪ねてきます。

先生調いました~~~

矢波高爆破事件とかけまして、
ワン・ダイレクションとときます。
お前は?

そのこころは
どうも誤認逮捕でしたと言って
パイセンがスーツで復活します。

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたを無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です