僕たちがやりました4巻ネタバレ【34話:堕ちる】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ4巻「34話堕ちる」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたネタバレ4巻のネタバレ28~37話まで

僕たちがやりました4巻ネタバレ・あらすじ【34話:堕ちる】

久し振りに矢波高では
市橋が車いすで学校に来られるまでに
復活していました。

だが以前とは少し違っていて
仲間からもボールを投げられていて
なぜか市橋は矢波高で
いじめの対象になっていました。

トイレに行く市橋が障害者用のトイレを使うと
誰だこんなところにごみ置いたのはと言い
市橋の乗っている車いすを蹴飛ばします。

市橋は矢波高のみんなにいじめられていて
復讐とかもういいでしょ。

死んだ奴らはかえってこないし
もう生きている人間が
一番大事ではないのかという有原が
かつての市橋のようなポジションにいました。

矢波高は自分がまとめてもいいかと言い
文句あるならタイマンはりましょうと
言っています。

市橋は自分でゆっくり車いすを直しています。

なんであいつ学校きてんだよ。

もう体も動かないくせにと
有原は市橋のことを見下しています。

もうきえろ、めんど臭いんだと。

死んだ方がましだろとか
体が不自由になった市橋が
今ではいじめのターゲットになっています。

蓮子と市橋は学校が終わってからは
一緒にトビオを探しています。

蓮子がトビオの家に行って
情報を集めていますが、
1週間以上家に帰ってきていないことを知って
今日もトビオを探しに行こうかと言っています。

スポッチャにカラオケなど
トビオが行きそうなところは
手あたり次第に探したけど
トビオはいません。

でも市橋は歩けるようになったら
リハビリなどちゃんとやると
蓮子と話をしています。

市橋は蓮子に前と変わらず
接してくれるのはお前だけだと言います。

ありがとう
なんかあったの元気だしなよと
蓮子は市橋をはげまします。

その時に対向車線の歩道を歩いている
トビオを見つけます。

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたを無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です