僕たちがやりました4巻ネタバレ【32話:MARCH】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ4巻「32話MARCH」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたネタバレ4巻のネタバレ28~37話まで

僕たちがやりました4巻ネタバレ・あらすじ【32話:MARCH】

のどかな街並みがうつって
カバン持ちをされている
ウンコ呼ばれている少年がいました。

左手に手袋をしていたので
手袋するなと同級生が言い
まるで実際にある
マンガの主人公の先生の
名前をだしてからかっていました。

ですが左手には
ウンコの刺青が彫られていました。

ヒャハハハハはと笑い
自分で掘ったのかと聞いています。

こいつウンコのタトゥしていると
からかっています。

これは全部あいつらのせいだ
全部アイツラのせいだ。

それから俺の人生はおかしくなった。

そこであのキノコ(マル)との
タイマンの後のことが
描かれています。

産地直送で梱包完了と遊んでいる

こいつはどーするんだ
市橋ときているうんこふぁ。

誰か詳しい名前は知らんけど
忘れるといけないので
安全ピンで名前を掘ろうかと
言います。

いいねぇといい矢波高の連中が
3人で取り押さえて
市橋にウンコの刺青をいれていきます。

刺青なのでもう落とすこともできない
場所も手の甲なので
矢波高の奴らは絶対に許さないと
ウンコは怒っていました。

せっかくの修学旅行なので
楽しい顔しろ
楽しい修学旅行なのに
と言っています。

同級生もこれまでは
仲良くしていたのに
ウンコのタトゥで
いじめやがってと言います。

あのキノコが一番許せない
あのキノコが俺におとなしく負ければ
こんなことにならなかったのにと
嘆いています。

だが我慢しろ
今はまだ我慢だ。

うんこはいい大学に入って
人がうらやむような
えらい人間になるといいます。

そこで課長や部長になって
お前らの上に立つ。

自分の座右の銘は、
酒とタバコと復讐は20歳を過ぎてから
今日も怒りを妄想で
抑えることができた。

そのまま歩いていると
修学旅行できていた京都で
偶然にウンコを見つけます。

マルは電話をしています。

ウンコはマルを見つけると
追いかけていきます。

途中で日本刀のお店を見つけて
店先におかれている日本刀を取り出して
さらにキノコの後を追って行きます。

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたを無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です