僕たちがやりました4巻ネタバレ【30話:ヤングさん】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ4巻「30話ヤングさん」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたネタバレ4巻のネタバレ28~37話まで

僕たちがやりました4巻ネタバレ・あらすじ【30話:ヤングさん】

会社に行きたくあの人なんだろ?

アイツラはヤンキーは
これからパチンコなので
何も考えていない
今日も世界は動いている。

逃亡生活3日目にして
都会のすき間にいて
ここから人間を観察している。

夜は少し動いている。

Tシャツにパンツ一枚と
ゴミに出されたドーナツをむさぼりながら
学校とか夢もなくて
人間関係とか面倒なことが嫌だった。

トビオはホームレスになったが
この生活は最高だと言い
オレはホームレスに向いていると言って
もうこれでいいと人生を投げているのか?

でも悩みもあって一人で友達がいないと
パイセン、マル、イサミを思い出しているが
今欲しいのはズボンでした。

それと靴かなとどうしよう
パクって来ようと思っているが
その時にドーナツ屋のバイトが
あの人ですといい警察を連れてきました。

トビオはここに住み着いていて
ごみをあさっていることを
報告しています。

トビオは逃げ出して
猛ダッシュで逃げます。

なんとか警官から逃げ出した
トビオでした。

あのまま捕まると
爆破事件まで知られてしまうと
考えました。

なんでパンツなのかと
ある男が聞いてきました。

主義なのかぁ、ズボンいる?
くつなどもいるかと
謎のホームレスは靴とズボンを
トビオにくれます。。

歯とか磨いているかと聞いてくるが
磨いていないですというと
ついてきなと言って
歩き出す謎の男でした。

コンビニに行って
フラット歩くと
歯ブラシと歯磨き粉をとっていました。

それで公園のトイレに行き
歯を磨いているトビオでした。

あのなんで呼べばいいのでしょうか?

ヤング お前は?

トビオはこのホームレス生活は
長いのですかと聞くが
その男は忘れたといいます。

ヤングがトビオに着いてくるように言い
ホームレスの縄張りなどについても
教えてくれます。

あと図書館なども紹介してくれて
涼しい場所に食事のことなども
教えてくれます。

食べたい時に食べて
寝たい時に寝る
これでいいんだホームレスはと
言います。

かっこいいと思って
ホームレスの先輩の
あたらしいパイセンだと
トビオは思いました。

するといきなりその男は
うっしやるかケツ貸せ!!!
と言いました。

僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたを無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です