僕たちがやりました3巻ネタバレ【24話:生きるってのは】

マンガ僕たちがやりました

窪田正孝さん主演のドラマ
僕たちがやりました(僕やり)の
原作マンガ3巻「24話生きるってのは」の
あらすじ・ネタバレをまとめています。

マンガ僕たちがやりましたを無料で読む

マンガ僕たちがやりましたを無料で読む

僕たちがやりましたネタバレ3巻のネタバレ18~27話まで

僕たちがやりました3巻ネタバレ・あらすじ【24話:生きるってのは】

今宵は寂しくて
トビオにかまってもらおうと
しただけと言います。

でもやっぱりイサミがいいそうです。

イサミは行為が終わると出てきて
今宵は風呂に入っています。

イサミが切り出してきて
俺は生きてる
生きてるってすげぇと言います。

でもその時に
イサミは泣いていました。

こいつ情緒やべぇな
何があったというトビオでした。

イサミはパイセンからもらった300万円で
逃げようとしたが
一人で新しい人生を始めようと
いろいろと作戦を練ったけど
パイセンが捕まってしまって
全ての計画が全部とんだそうです。

これまでに抑えていた恐怖が
一斉にでてきて
最初は2回吐いたけど
それからも吐き気が全然おさまらなくて
公園で首を吊ったと言います。

死んだほうが楽だと思ったそうです。

でもひもの結び方も知らなかったので
ひもが途中で切れて
頭から地面に落ちました。

それで気を失ったけど
やっと目が覚めたら
ヒモは弱いけどちんこはたっているのはわかる
それは自分が生きている証なんだと感じた。

心に生きるって書いて
性という漢字になると
わけのわからないことを言います。

それでなんでお前はここにいるのかと
イサミが聞いてきました。

トビオはマルと一緒にいたことを話します。

そして裏切られたことも。

するとイサミが
もう一つ思い出したことがある。

自分が気を失っていた時に
何か見えてあきらめないでください
まだ死ぬなって
言われた気がしたと言いました。

なんだったんだろアレ?
マヤ文明の神かなぁ?

そこに今宵がやってきて
一緒に逃げようと
イサミに言います。

イサミはでも別に無理に逃げないくてもいい
ここにいてみんなで暮らせばよくないと
言いました。

これから3人で
共同生活していこうと提案するイサミでした。

イサミはすぐにまた今宵と
エッチなことをはじめます。

トビオは部屋でただ待つだけでした。

その時イサミが持っていたバックから
300万がのぞき出ていました。

それを見たトビオは・・・・

マンガ僕たちがやりましたを無料で読む

マンガ僕たちがやりましたを無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です