ジャンル別副業おすすめランキング

ネット副業

1位
パソコン
アフィリエイト
最も有名なネット副業。ネット環境があればいつでもどこでも仕事をすることができます。
詳しくはこちらから
2位
せどり
せどり・転売
安く購入したCDやDVD、家電などをネット上で転売することで、利益を出していきます。
詳しくはこちらから
3位
輸出 輸入
輸出・輸入ビジネス
アマゾンやイーベイなどを利用して海外の商品を販売していき利益を出していきます。
詳しくはこちらから
4位
ポイントサイト
ポイントサイト
送られてくるメールをクリックしたり、アンケートに答えてポイントを貯めていきます。
詳しくはこちらから
5位
ドロップシッピング
ドロップシッピング
在庫を持つことなく自分のホームページなどで自分の好きなものを販売していきます。
詳しくはこちらから

在宅ワーク系

1位
クラウドソーシング
クラウドソーシング
企業や個人の方のお仕事を、ネットと通して受けて報酬を得るお仕事です。
詳しくはこちらから
2位
記事作成
ブログ・サイト文章作成
ブログや情報サイトなどの記事を作成して報酬を得るお仕事です。
詳しくはこちらから
3位
翻訳
翻訳
Webサイト・書籍・映像などの文章の翻訳のお仕事になります。とても需要があります。
詳しくはこちらから
4位
データ入力
データ入力
パソコンを使っていろいろなデータを入力していくお仕事になります。
詳しくはこちらから
5位
写真販売
写真販売
写真素材の販売サイトで自分が撮った写真を買ってもらい報酬を得ていきます。
詳しくはこちらから

資産運用・投資系

1位
FX
FX
FXとは外国の通貨を売買して利益を得る投資方法です。最小4千円から始められます。
詳しくはこちらから
2位
株式投資
株式投資
株を売買して配当を得る投資方法です。専門的な知識が必要となります。
詳しくはこちらから
3位
不動産投資
不動産投資
自分が住むためではなく、賃貸や転売をして利益を出すために不動産を購入する方法です。
詳しくはこちらから
4位
投資信託
投資信託
複数の人でお金を出資して、プロにその資金の運用を任せる資金運用方法です。
詳しくはこちらから
5位
預金
定期預金
銀行に長期的視野でお金を預けて、確実に利子を得る方法になります。
詳しくはこちらから

懸賞・モニター系

1位
商品モニター
商品モニター
実際に商品を使ってみたり試食したりして感想を報告して報酬を得るお仕事になります。
詳しくはこちらから
2位
アンケートモニター
アンケートモニター
企業のアンケートサイトに登録をしてアンケートに答えて報酬を得るお仕事になります。
詳しくはこちらから
3位
懸賞
懸賞
懸賞に応募していきお金やプレゼントをゲットしていきます。自分のペースでできます。
詳しくはこちらから

なぜ今副業や副収入が必要になっているの?

本業だけでは良い暮らしが手に入らなくなってきている!

nensyuheikin
統計元:平成26年国税庁民間給与実態統計調査結果

なかなか上がることがない給料に、サラリーマンからは苦しい声が続出しています。
現在の自分の給料に満足している人は全体の2割ほどで、残りの8割が不満を持っているそうです。

しかも本業の給料はなかなか上がらない!

本業 リストラ現状の給料に不満があれば、本業を頑張っていって給料を上げていきたいと思った人は多いはずです。

ですが現実問題として大企業でもなかなか給料が上がりません。

逆にリストラが行われたり、そもそも正社員になることすら難しい時代です。

実際のところ全体の4割以上が非正規社員として働いています。

企業側も人件費を抑えるために、正社員としての登用を少なくして、非正規社員で労働力を確保する流れになってきています。

これじゃあ全体の給料が上がるわけはありませんよね。

だから副業が収入を増やすための早道となっています!

副業 稼ぐ副業といっても単純に時給で報酬を得るものもありますが、オススメなのは成果報酬型の副業になります。

始めたばかりの時には儲けが小さいですが、ある程度軌道に乗りさえすれば爆発的な報酬を得ることもできます。

結果として本業を大きく超えるほどの収入を得ることもできます。

正しいノウハウさえ取得してしまえば、やればやるだけ報酬が増えていくところが副業の良いところですね。

最近では、企業の残業代カットやサービス残業やなどが問題になってきています。

どうせ同じ時間を使うのならば、本業よりずっと儲かる可能性がある副業のほうがいいと思いませんか?

時代の流れも副業を応援してくれています!

安倍晋三
画像引用元:https://fx-works.jp/yougo-abe/

政府が、副業を堂々とできるように「後押し」すると決めました。

これは会社員の副業を原則容認するということです。

政府は企業に対して副業解禁を求めるなど「働き方改革」を進めている

厚生労働省の「モデル就業規則」から副業・兼業禁止規定を年度内にもなくし「原則禁止」から「原則容認」に転換する

この副業の解禁の流れは、実質的には企業側の終身雇用や給与維持などが難しいという情勢をふまえて、会社員に他の選択肢を与えて、新たな道を切り開く権利を認めることにつながっていくと言われています。

副業を成功させる3つのポイント

副業 秘訣

①通勤や帰宅後の空き時間をうまく使うこと

本業があってそれに加えて副業をやるとなると、一番の問題が時間をどのように確保していくかということになります。

成果報酬型の副業の場合は、軌道に乗せるまでが大きな山場です。

空き時間をうまく使って効率的に副業を進めていきましょう。

できれば自分の持っているスキルや趣味を生かせる副業を見つけること

自分が得意なことや好きなことをお金に換えることができれば、爆発的な大きな報酬を生み出せることがあります。

しかも自分の好きなことをやるので楽しく副業をやれますよね。

初期投資とリスクをよく考えて取り組む

副業によっては初期投資がかかるものもあります。

投資やリスクなどについてもよく考えてから副業に取り組むようにしましょう。